本文へスキップ

山梨県初の単位制・総合制高校

プロフィールprofile

山梨県立青洲高等学校は、市川高校峡南高校増穂商業高校が再編成した、普通科・工業科・商業科の3学科を併設した単位制・総合制高校です。

【本校のスローガン】

「生み出すつながり 創り出すあした」


【校名の由来】

 明治期に私立図書館として地域の学問拠点となった「青洲文庫」に由来します。「青」には青春を謳歌する若者のイメージを重ね、「洲」には三清流(富士川・笛吹川・芦川)に囲まれた地形の意味も込めています。
 未来の峡南地域の学問の拠点となってほしいという願いを込めた校名としたものです。


【校章の説明】

 青洲高等学校の校名の由来となっている「青洲文庫」から、本をモチーフに構成した。
 3つの本を広げ重ね、積み上げていく構成により上昇感を持たせ、増穂商業、 市川、峡南の3校がひとつになり、新たな高校を創り出すイメージを表現した。 また、3本の線で地理的特徴である三つの川が合流し、大河になることを重 ね合わせ、3校それぞれの伝統を継承しつつ、未来の峡南地域の学問の拠点と なって欲しいという願いを込めている。
※画像をクリックすると大きい画像が表示できます。

【スクールカラーについて】

スクールカラーは「青洲ブルー」(紺青色※)です。
 ※DIC-433  R32・G64・B104  HTML#204068
“青”には、空・水・藍・瑠璃・マリンブルー・オリオンブルー・ターコイズなど多くあり、それぞれが魅力的な個性を持っています。青洲高校に集まる様々な魅力をもった生徒たちが互いに交わり、深めあうことで、より“深い青”「青洲ブルー」が生まれます。

【教育方針】

  1. 確かな学力の定着を図るとともに、主体的に社会を生き抜いていく力を育てます。
  2. 多様性を認めあい、協働しながら学び活動し続ける人材を育てます。
  3. 地域・社会とのつながりを通して、社会に貢献できる人材を育てます。

【総合制高校について】

 本校は、普通科・工業科・商業科をそれぞれ独立して設置した総合制高校です。各学科の専門性を生かして、生徒の興味関心や進路目標に応じた知識・技能・技術を高めることができます。さらに、各学科の特長を生かしながら、学科の枠を超えた共同学習が可能になり、多様な価値観に触れるなかで人間性を磨き、実践的な課題解決能力を育成していきます。


【単位制高校について】

 普通科は、2年次から複数の類型を用意して多様な選択科目を開設します。生徒が自分の興味関心、学習ニーズに合わせた科目を選択することが可能です。また、工業科・商業科は2年次からそれぞれ2つの学科に分かれ、自分の興味関心や将来目指す職業などを見通しながら科目を選択し、専門性を深めることができます。それぞれの学科において、自分の将来設計に基づき、学びの方向性を自ら選択することによって、主体性を持って学習に取り組むことができます。


【特色ある教育】

 1年次に全生徒が履修する「峡南地域学」は、「地域の防災」と「地域の伝統・文化」の2つを柱に、地域で活躍される方々を講師に招いたり、地域に出向いたフィールドワークなどを取り入れながら学科を横断した体制で学習します。地域とのつながりを大切にしながら、未来の社会に貢献できる人材の育成を目指します。
 また、3年次の一部の選択科目には、普通科・工業科・商業科をまたいだ選択科目を用意して、自分が所属する学科以外の専門科目の学習を行うことが可能になり、より具体的な目標に合わせて進路実現をサポートしていきます。


【多彩な進路選択】

 本校の進路指導は、総合制高校のメリットを最大限生かし、市川高校・峡南高校・増穂商業高校の3校の長い歴史と伝統で創り出された実績とノウハウを受け継ぎ、さらに進化させることにで、進学指導から就職指導まで幅広く生徒の多様なニーズに応えていきます。
 ◎市川高校の進路実績はこちら
 ◎峡南高校の進路実績はこちら
 ◎増穂商業の進路実績はこちら


【充実した設備】

<アカデミック・スクエア>

自然に交流が生まれるリビングルームのような機能を備えた図書館を学校の中心に配置しています。吹き抜け構造の明るく広い開放的な空間を創出し、読書はもとより、アクティブラーニング、ミーティング、自習など生徒の多様な活動を支えます。

<視聴覚室>

本館1階に配置される視聴覚室は、学年全員の生徒が収容可能な大規模な教室です。大型スクリーンをはじめとする充実した視聴覚機器を備え、集会、講演会、生徒発表大会など様々な場面で活用可能です。また、一部の座席は可動式となっており、レイアウトを変えて地域との交流の場としても利用できます。

山梨県立青洲高等学校

〒409-3601
 山梨県西八代郡市川三郷町
     市川大門1733−2


<開校までの連絡先>
 山梨県教育委員会
  高校改革・特別支援教育課
  TEL 055-223-1767
  FAX 055-223-1768